((( Diary - Rom )))

[2017422] access.


2001-12-03 初ミーティング

HPにも書いてあるように「栗コーダーカルテットは男4人で笛を吹いたりミーティングしたりします」のあの有名なミーティングに参加できるのだ(ドキドキ)。

まず、おじゃまして思った事。猫になりたい。絶対この家の作りだったら、飽きない。あのロフトからつづいてる柱とか歩きたいぞ。あの後ろなんて絶対隠れられるし、優雅に見下ろせる。単に自分があの高い所に座りたい訳だが、初めてのお宅でさすがにそれは出来ません。一応大人だからな。

本題に入る、その前に、音楽話でひと盛り上がり。テクニック以外の部分や、音楽の伝え方などを、何げなく話してるのだが、私にとっては目から鱗だらけ。頭の中でもう一人の私が「今のは大切、おぉーこれはメモだね、今のは格言にせよ」と大忙し。教則本には載ってない事が飛びかってるわけです。ありがたや〜。

去年の栗クリLIVE写真を見せてもらう。どひゃ〜お客さまいっぱい、ステージにまで客席がぁ。テッテッテルミンどこでやる〜と鼻歌が出来そうだ。いえ素晴らしい事です。テルオさんも最近狭い所も慣れてきましたからね。頑張りますよ。

さ12/24です。笛とテルミン。近藤さんがテルミンの善し悪しを分かって下さってるため話しが早い。良い曲沢山。私オイシすぎ。テルミンらしさ、私らしさ、そこらを話し込んでたらイメージは膨らみ、よい感じでまとまる。第一回目という事で予定通り終了。このミーティング内容は海外へも伝わるのでした(笑)。

2001-12-01 師走

早いものです。今年は〜と、振り返るにはまだ早い。12/24に大イベントが残ってますからね。

悪い事があっても、良い事があっても、自信なくても、パニックしても、ただテルミンを好きな自分がいた。そんな自分に会える機会を先月は作ってもらえた!と感謝することにした。

2001-11-30 パーシー・グレインジャーの世界

パーシー・グレインジャーの世界を紹介する2Days Live。編成を見るだけでも興味がわくワクワク企画。ピアノとハーモニカとテルミンのセッションがこんなに合うとは驚きの心地好さでした。私は、生ローズピアノを触ってみたり、ハーモニカがあんなに重い事に驚いてみたり、鈴つけながらテルミン演奏してみたりしました。雪さんのテルミンと遊ぶ所で、お互いの波が届いたのか、目が合って最後キメた時は気持ち良かったなあ。ライヴならではの音がつまってて楽しかったです。演奏者の皆様、関係者皆様、来てくださった皆々様に感謝です。

兎小舎は木のぬくもりが伝わってくる雰囲気も良い場所。ただテルミン4台が演奏するには無理があり、まずは演奏できる場所探し。4人とも音出しに辿り着くまでに時間がかかる(笑)テルミン同士が近づくと、ノイズがでる+全く別の音が出てきて、まるで5,6台で音を発してるように感じる。テルミン同士を離しても、今度はお客様に反応してしまう。「指1本動かさないで下さい」なんて言えるわけもなく、、最終的に私は客席に背を向けることになる。何度ライヴをやっても毎回おもしろい発見があるテルミンミン。

テルミン四重奏曲「フリーミュージック第1番」演奏はとにかく気持ち良い。この曲についてのグレインジャーの言葉に感動。音楽って言葉で説明しなくても伝わると思ってますが、説明があった方が伝わりやすい事もあるんだなーと、すんなり自分の身体に入ってくる一言一言を味わった。
グレインジャーは、テルミンを最も完全な楽器と言ってるのです。
そう思いますね。

満月、選ばれし者、ジョージハリスンとお別れする。

22.jpg 283×218 *


2001-11-25 テルミン講座

今日は池袋西武コミュニティカレッジ、テルミン講座にて雪さんの代行講師。
感想:誰一人として同じ奏法の人がいない。なんと個性豊かな事でしょう。だからもちろん同じ楽器だというのに、全く音が違う。ゆれも違う。初心者、ベテラン関係なく、みんなそれぞれの魅力的な表現に、私は嬉しく見とれてしまいました。楽しみです。私も頑張らなきゃきゃきゃー楽しっ。

2001-11-22 21日その2:eyemoon

お先に失礼して、やの雪さんテルミン・ライヴへ向かう。
雪さんとの出会いは、また今度書くとして。
何年待ったことでしょう。CD「eyemoon」発売です。
すごい人の山で見えないー。RCAが暴れてる。あれだけ暴れるテルミンに負けない雪さんは、さすがです。完全に一体になってる。テルミンはこうあるべきだとか、ピッチが不安定とか、そういう問題を越えて、やの雪さんの世界が出来上がってた。音楽は自由だ、表現は自由だという彼女のパワーにいつも私は勇気をもらいます。
後半、私の真後ろから、カテリーナ古楽合奏団の松本さんのバグパイプの音が直撃。演奏しながらステージへ歩いていくという始まりだった。あまりに透き通った音に、お恥ずかしながら私は涙止まらなくなってしまった。前聴いた時も素晴らしかったが、あれだけ間近で聴くと、いやーもう何も制御できなくなってしまった。
ラスト雪さんと赤城さんの宇宙テルミン、そしてサマータイム。
テルミンが泣いてました。去年の葬儀以来の泣きテルミンでした。
何かが爆発した瞬間に同席できたと思いました。
自由であるためには無になること。
今日は大きな一日でした。

このCDは通して聴くと、働きたくなくなります(笑)。いや、たまには非現実世界に行くのもよいでしょ。それにしても1曲目は何度聴いても声にしか聴こえない。
Copyright©2001 Rom Chiaki, All rights reserved.
webmaster: romland3@gmail.com